地域に根ざした学校をめざして


 

学校長より

本校のホームページにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。

 伊具高校は宮城県最南端の伊具郡丸森町に位置しています。丸森町は南西部を福島県と隣接しており、北部を阿武隈川が貫流し、その流域と支流河川の流域一帯が平坦地を形成しているものの、北西部は阿武隈山地で囲まれた盆地状の町です。

 本校は大正9年に地域産業の養蚕業の指導機関並びに後継者養成を目的に、伊具郡立伊具農蚕学校として開校しました。その後、幾多の紆余曲折を克服して昭和38年に宮城県伊具高等学校と校名を変更しました。学科は農業科、商業科、生活科の3学科となり、創立から連綿と受け継がれてきた「農蚕」の文字が消えました。平成11年より総合学科に学科変更し、現在は、農学・機械・情報・福祉の4系列を設置しています。

 今年度は76名の新入生を迎え、全校生徒252名でスタートいたしました。校訓「質実剛健」・「穏健着実」のもと、「地域社会の将来を託すにふさわしい、『生きる知恵』にあふれた人材の育成」を目指して教育活動に取り組んでいます。

 昨年11月には丸森町議会の議員の皆様と本校2年次生徒で、「住みたい町を創るワークショップin伊具高校」と題して、第1回目となる懇談会をワークショップ形式で開催しました。テーマは「自分が住みたい町は、どんな町」として、自由に意見を出し合いました。とても良い雰囲気の中で行われ、有意義なものでした。地域の課題解決に取り組む議員の皆様と共に、生徒一人ひとりが自由に考え、意見を発表することはとても大切なことです。答えが一つではない問題に対して、積極的に考えることはこれからの社会を担う高校生にとって必要な学習です。このような貴重な経験を通して、生徒一人ひとりがキャリアを積み上げ、最終的に「進路保証100%」となることを目標に教職員一同努力しています。

 本校のほとんどの生徒は、地元丸森町と隣接する角田市出身であり、将来この地域の発展を担う人材として大いに期待されています。しかし、近年の少子高齢化の問題はここ丸森町・角田市においても大きな課題です。今後も生徒数の減少が予想され、地域社会に与える影響は大きいものです。このような厳しい状況において、本校の地域に果たす役割は益々重大なものと認識しています。地域関係機関と連携を密にしながら、地域社会に貢献できる人材育成に努めて参ります。

 最後に、2年後の2020年(平成32年)に本校は創立百周年を迎えます。この丸森町になくてはならない学校として、同窓生の皆様や地域の方々をはじめ、多くの皆様の御理解と御支援をお願い申し上げます。


平成30年 4月
校長  髙橋 光弘